4kテレビとは?

そもそも4kテレビとはどういったものを指すのでしょう?

ここで簡単にご説明します。

 

ここ数年のうちにテレビはいくつかの段階を経て映像の美しさを極めてきました。

ハイビジョンからフルハイビジョン、フルハイビジョンから今回の4Kといった具合です。

 

テレビ画面は大きくなればなるほど、一画素の面積が広くなります。

それが「画像が粗い」と言われる所以です。

 

この4Kテレビは、画素数がフルハイビジョンの4倍。

そのため、大画面にしても画像が粗くなることはないのです。

 

どんどん大画面が好まれる時代となってきました。

「今この大画面を手にするのであれば、4K一択!」という訳なんです。

 

4Kテレビはどこで買える?

では、4Kテレビはどこで買えるか?

気になるところですね。

 

もちろん一般的なのは、近所の大型家電店です。

ヤマダ電機やエディオン、コジマ、ビッグカメラ、ヨドバシカメラ・・・などなど。

これだけ並べてもたくさんありますね。

 

しかし、価格だけを見るとお得に買えるのはネットかもしれません。

 

近頃一般的になってきたアマゾン、楽天、yahooショッピング。

4Kというものが他の機器にも使われているため、実際のお店だけでなくネットでも取り扱われるようになってきました。

中でも注目したいのがDMM。

こちらはもともとはゲーム会社です。

近頃は特に刀剣乱舞やグランブルーファンタジーなどでも話題を集めています。

そんなゲーム会社がなぜ4Kに参入するのか。




恐らくゲームも大画面で楽しむ時代となっているからにほかなりません。

そのくらい4Kというものが身近になってきたということでもありますよね。

 

画質を追求すると、用途が広がった。

そんなところでしょうか?

特に一人暮らしが多くなり、独身の男女も増えました。

自分の趣味にお金を使える人が増えたということでもあるかもしれません。

テレビの画質の粗さに目が行ってしまう。

そのくらい目が肥えた人であれば、特にお買い得の商品だと思います。

テレビや映画、しかもゲームまで。

最高の画質で楽しめる環境が整いそうです。

 

 

4Kテレビの種類

4Kテレビが人気のようですが、その中でもサイズはどのあたりが人気なのでしょうか?

ちなみにDMMが出しているのは50型と65型。

この二つだけ見ても差は大きいと感じます。

でもこの2種に絞ったところを見ると、ここらあたりが人気の大きさと言えるのではないかと思いました。

 

某価格ドットコム(笑)の情報によりますと、2016年12月現在のランキングでは、

1位:55インチ

2位:58インチ

4位:60インチ

7位:55インチ

8位:43インチ

10位:40インチ

11位:55インチ

12位:50インチ

13位:50インチ

14位:43インチ

とまぁ、こんな具合で50インチ代が一番多かった印象です。

ちなみに一般的な自宅のテレビの大きさは42型程度。

一昔前のテレビであることの方が多いですが、一つの目安になるのではないでしょうか?

 

リビングの広さにも関係

こればかりは、各家庭によって違いますよね。

みなさんの間取りもバラバラ。

ここで大きく変わるところもあります。

40インチ代を購入された方は、現実的だなぁと感じます。

しかし、今までよりもっといいものが欲しい!

そう思って4Kを手にする人も多いのではないかと思います。

そういう方にとっては、今までのテレビと変わらないおおきさなんていや!

そう思うものでしょうね。

 

見るものにも関係

あとは見る映像にも関係してきますね。

日々のバラエティ番組は大画面でなくても良い。

でも映画やライブ放送を見たいときは大画面が良い。

そう思います。

 

たとえライブに行けなくても、この大画面のおかげで空気感を一瞬でまとうことができる気がしますね。

そうなると。

やはり40インチでは短すぎるような気もしてきます。

 

 

ひとまず分かったことは、この大きさが妥当ではないかということ。

これを機に見るときの姿勢や、映像もしっかりと気を付けるとより楽しめそうですね。

 

 

 

4Kテレビの30型アクオスならどのくらい?

4Kテレビと一口に言ってもその種類はさまざま。

メーカーも違えば特色も違う。

大きさも違えば外寸も違う。

という訳で、今回はアクオスの30型について調べてみました。

 

AQUOS 4K

アクオスのメーカーはシャープ。

このアクオスの4Kは、「4Kを超える解像度」と謳われています。

それを公式HPでは、

X8-Master Engine PRO

と表現しています。

 

これは、4Kの映像(もしくはフルハイビジョン放送)などの解像度を8Kに変える回路がついているのだそう。

4Kの液晶パネルだけでも十分きれいなのですが、それよりもより一層きめ細かい映像を映し出すために上下を二分割にして色を組み合わせるという方法を撮っているとのこと。

 

こうすることで、フルHDパネルに対して16倍もの高精細な映像を作ることに成功しました。

 

 

8Kにすることで

どんな映像になるかというと、輝度が上がるという表現をしています。

4Kよりも輝度が高い。

それはすなわち臨場感がより一層増したということになります。
4K ディスプレイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です