DMMの4Kディスプレイでテレビを見たい

もう世間でもかなりお馴染みになってきたようですが、DMMの4Kディスプレイはそのままではテレビを見ることができません。

なぜなら、テレビチューナーが内臓されていないから。

 

安さの秘密はここにあるとも言われています。

 

テレビを見たくなったら

テレビチューナーを用意しましょう。

もしくはテレビチューナー付き機器でも可能です。

 

この辺りのカスタマイズ性がこのディスプレイの良さでもありますね。

パソコンで言うところのDellでしょうか。

蔵人観満載です。

 

意外とですね、このテレビチューナーはHDDレコーダーなどについていることも多いです。

それに気づかず一般の4Kを購入するなんてもったいない。

 

テレビのチューナーは一つで良いんです。

 

 

テレビチューナーがないとリモコンが

これも問題視されていますね。

 

でもですね、多機能リモコンという便利なものがあります。

今でさえレコーダーのリモコンやケーブルテレビのリモコンやらと、リモコンであふれています。

この多機能リモコンを購入している人も多いようです。

 

これからはリモコン一つでいくつかの機器を操作する時代。

なので問題点として挙げるほどではないかと思います。

 

 

 

シンプルさが良い

多機能な危機が増える中、DMMの4Kはこのシンプルさが長所。

シンプルがゆえ、操作も簡単です。

 

操作はリモコン、もしくはチューナー側で行えばいいのですから、ただの画面ととらえておけばいい。

 

購入する時にきちんと組み合わせを考えておけば、あとは簡単です。

機械に弱い人ほど後が楽でいいかもしれません。

機器同士の設定って面倒なんですよね。

 

 

もしチューナーを購入するのなら

今はまだ中古にしておきましょう。

なぜって?

4K対応のチューナーはまだ出ていません。

実際に実用放送が始まるのは2018年。

その時に購入してもいいくらいだと思います。

 

もちろんHDDレコーダーも然り。

機能と接続の点をしっかり考えて、そして時期も考えて購入を考えた方が賢明ですよ。


4K対応商品はいろいろと

ビデオは4K対応。

家にあるディスプレイも4K。

もうこれで4K対応はバッチリよ!

 

そう思ったあなた。ちょっと甘いですよ。

 

 

4K対応のSDカードまであるとな!?

ビデオと言えば記録。

記録と言えば記録媒体。

その記録媒体はどうなっていますか???

???????

 

実は記録媒体であるSDカードも4K対応である必要があります。

 

 

各メーカーごとに相性がある

実は、SONY、パナソニックといった各メーカーに合わせてSDカードを選ぶ必要があります。

やはり安心なのはその機器メーカーのSDカードを選ぶこと。

そして、そのメーカーの中でもさらに選ぶ必要があるので注意しましょう。

 

SONYの場合

圧縮ノイズの少ないものを選ぶ必要があります。

商品は「XAVC S」。

これには100Mbpsと60Mbpsの記録、2つのタイプの商品があります。

最高画質と言われているのは、100Mbpsの方です。

 

 

パナソニックの場合

パナソニックはSONYほど厳しくはないのですが、それでもおすすめの商品があります。「SDスピードクラス Class10」です。

 

一般的なメーカーで言うとこんな感じです。

 

現在、色んなメーカーから商品が発売されている4K SDカード。

4K対応のビデオカメラを買う際は、セットでSDカメラを買うと思います。

その際にきちんと4K対応のSDカードになっているかどうか、チェックしておきましょう。

詳しくない店員さんもいらっしゃるかもしれません。

「これは4Kに対応していますか?」

この質問は大事です。

購入した後に「しまった!」ということが内容、色んなショップでの口コミを読んでおきましょう。

そして、売り場で抱いた疑問はきちんと口に出して聞きましょう。

 

せっかく買った4Kが活かせなくてはもったいない!

もったいないことにならない様に、わからないことは解明させましょうね。

 

 

 

4K iReaderはiphoneユーザーの強い味方

4K iReader】という商品を偶然目にしました。

iphoneユーザーの方にとって、とても便利な商品。

 

iphoneを使っていると感じるのがメモリー不足。

購入時にどの容量にするか選ぶため、途中で増やすことはできません。

逆に、この増やすことができないがために、必要以上に大きな数の容量を選んでしまうこともあります。

しかし、容量とともに上がるのが機種の値段。

そして機種変のたびになぜかグレードアップするiphoneの容量(笑)

 

iphoneのメモリー不足に悩むときが来たら!

思い出してほしいのがこの【4K iReader】です。

 

USBストレージとして

しかもMicroSDカードリーダー付き。

iphoneと接続してMicroSDへバックアップも可能です。

しかもUSBポートを持っているのであれば、Windowsなどの機器とデータを行き来させることもできるそう。

 

どこへ行くにも一緒

昨日の割に小型であることも大きな魅力。

しかし、持ち出すとなると心配なのがセキュリティ面です。

 

この【4K iReader】は、実はその点でも安心できる商品です。

アプリケーションを立ち上げる際にパスワード入力が必要となっているので、万が一落としたとしても、ほかの人に中を見られることはありません。

 

 

ありそうでなかったこの商品。

iphoneのバックアップをPC以外でできるとはうれしい機能です。

 

iphoneユーザーでもPCを持たない人はたくさんいます。

最近ではお年寄りがスマホを持つようになりました。

折角撮ったお孫さんの写真を残すにはどうしたら・・・。

そう考える人も多くいるでしょう。

 

残した写真データも直しこんでしまってはもったいないですし。

 

この【4K iReader】を使ってMicroSDに保存し、デジタルフォトフレームで写真を楽しむというのも一つの方法でしょうね。

 

価格は6500円程度とのこと。

敬老の日、母の日、父の日など。

記念日のタイミングでデジタルフォトフレームと一緒にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?


4Kビデオカメラが小型になった件

4Kのビデオカメラは小型だ。

いや、4Kに限ったことではないですが、とにかく小型。
しかし、その価格には目を見張るものがあります。

 

4Kと謳ったカメラはことごとく20万越え。
しかも54万という強者もあるようです。
恐るべし。

 

仕方がないことかもしれませんね。
4K対応というだけでもすごいことなのに、それをさらに小型化するのですから。

 

何でも小型化

どんなものも、小型、薄型化することに技術は集中しています。
やはり、軽い、どこでも持っていけるという点において小型化は外せないからでしょう。

 

その私たちの心の奥底にある小型化への夢は、どこからやってきたものだろう・・・とちょっと考えてみました。

心当たりがあるとすれば・・・それはドラえもん。

 

スモールライトを当ててなんでも小さくしてしまい、どこへでもなんでも持ち歩く。

幼いころからあこがれてきた光景です。

そのせいか、私たち世代はスマホにも薄型を要求し、ビデオカメラにも小型化を求めたのです。

 

おかげで運動会ではテレビカメラマンのような大きなカメラを持ち歩く人は一人もいなくなりました。

昔は、あのカメラを持っている人を見てはうらやましく思ったものです。

(ビデオカメラをあまり持たない時代)

 

今の運動会ではスマホで撮影をする人もいます。

これが今日の当たり前の風景。

 

小型化されたビデオカメラだから、誰がビデオを持っているのか、子どもが走り出すまでわかりません。バレません(笑)

 

ちょっと前までは「小さいと手ぶれするのよねぇ」なんて言っていたものですが、もう手ぶれなんて「何それ?おいしいの?」といったところなのでしょう。

 

もう手ぶれを恐れない

だれも手ぶれの心配なんてしません。

小型かつ高性能。

こうなると次に求められるのは高画質。

撮る時に良いデータとして記録できなければ、いくら高画質の画面を持っていたとしても使えません。

宝の持ち腐れです。

 

という訳で、4Kの小型ビデオカメラは4Kディスプレイを持つのであればぜひ一緒に手に入れたいもの。

大画面で移ったお孫さんに、おじいちゃんおばあちゃんも喜ぶでしょうね。

 

 

 

 

噂の4Kビデオカメラは防水なの?池ポチャもオッケー?

4Kビデオカメラは高性能だと、小型なんだと。

散々褒めちぎってきましたが、ここにきて新たな疑問が浮上しました。

防水なのか?という点です。

 

普通に考えたら完全にアウトですよね。

精密機械です。

高性能だけに細かなところに水が入ってしまったら厄介なことになりそう。

こうなってしまうと完全にお手上げです。

 

ただ、最近の携帯電話やスマホは防水であることも多いです。

その辺りに一縷の望みを託して調べてみました。

 

 

深さにもよる?

一瞬のプールへポチャッくらいなら、すぐ引き上げるのでそんなに問題はないかもしれません。

海水浴場くらいの深さもそこまで問題ないかも。

 

しかし、水深10m以上となると、長い時間の完全水没となります。

それはさすがに危険だそう。

どうしてもスキューバなどで撮影したいということであれば、ハウジングがおすすめです。

大体は別売りで売っているそうですが、これを使うとメンテナンスも楽なんですね。

ちなみに、SONY FDR X3000/HDR AS300であれば、本体に防水機能がついているうえにハウジングも標準装備で出ているそうです。

 

いくら防水でも

メンテナンスが悪ければ、いくら防水と謳った商品でも浸水する可能性もあるとのこと。

要は使い方次第なんですね。

もちろんベースとして防水機能があるかどうかは大きな違いですが。

 

防水の4Kカメラを買ったからと油断せず、しっかりメンテナンスもしておきたいところですね。

 

一つの考え方として

防水という言葉を頼るだけでなく、買い替えの可能性も含めたところで価格を考えるのも良いかもしれません。

どんな使い方をするつもりなのか。

使用目的も大きく影響します。

 

ゴムもプラスチックも硬化し、劣化していきます。

防水という機能も永久ではないかもしれません。

その辺りを考えて、自分にとっての買い時や価格も決めると良いですよね。

 

 

スマホを水際へもっていって撮影している方をよく見かけます。

確かに防水機能もついていますが、どのくらいまでOKなのか。

ここが不安要素ではあります。

 

全てのデータが吹っ飛んでしまう前に(笑)、4Kビデオカメラを使う方が得策でしょうね。

 

さて、防水のビデオカメラを探していたら、ハウジングという商品を発見しました。

 

 

 

防水のためのハウジングってなんだろ?

ダイビングの際にカメラをこのハウジングに入れて撮影をするそうです。

防水カメラが発売されていますが、やはりダイビングともなるとそれではだめなんですね。

 

限られた機種に用意されている

やはりどのカメラでも用意しているわけではないようです。

各メーカー、各機種に合ったピッタリサイズのものが必要となるので、その辺りも関係しているのでしょう。

 

その選ばれしカメラ、やはり高性能で値段もそれなりにします。

中には本体のカメラよりもハウジングの方が高いことも!

それくらい精密に作られているということでしょうか。

 

水中写真はきれい

確かに水中写真は惹かれるものがあります。

そんな世界を知っていると、高額なハウジングでも「欲しい!」と思ってしまうものなのでしょう。

 

これをもつのにピッタリな人とは

商品にもよりますがあまりに高額なので、使う人が限られてくるかなと感じます。

例えば、ちょっとビーチに遊びに行くけど水が心配。

そんな時にハウジングはあまり必要ない気がします。

もちろん自分はドジなのでこれくらいしとかないと!という人には良いかもしれません。

ただ、ちょっとした水なら、通常の防水をうたっているカメラを選んでおけば問題ないかもしれません。

 

ハウジングを買うのにおすすめな人は、ずばりスキューバダイビングなどのマリンスポーツを楽しむ人。

深海ならではのきれいな風景を撮影するときは、防水機能では不十分です。

水没レベルで水中にカメラを持ち込むのであれば、このハウジングは絶対に必要だと思います。

 

マリンスポーツを楽しむ人がカメラを買う時は、逆にこの辺りを気にして選ぶと良いかもしれません。

好きなカメラを買ったけど、マリンスポーツには使えない・・・。

これではもったいないですよね。

 

きちんとハウジングが用意されている機種であれば、本体の防水機能もあるい程度期待できます。

自分の生活環境や趣味を考えて、カメラ選びをしたいですね!

 


4K HDRってなに?教えておじーいさーん。

4Kとともによく聞くのが、HDR。

ハイダイナミックレンジ(High Dynamic Range)、これらのイニシャルを使ってHDRと呼ばれています。

 

 

4Kは解像度、HDRは輝度

4Kでは解像度を上げていましたが、このHDRは輝度を上げたものです。

この輝度を上げることで性能のどの部分が上がるかというと・・・

画面の映像をリアルに感じさせる。

この部分がより一層感じられるようになるのです。

 

映像は機器によって記録媒体へと取り込まれ、画面に映し出されます。

このHDRは撮る方だけでなく、映し出す画面の方にも対応ができるようになってきました。

今まで記録する時の輝度の範囲より100倍も拡大されているそうです。

 

4Kだけでもうわっと感動した方。

まだまだ技術の追求は終わっていません。

 

昔の作品まで

この先気になるのは今までに見た映画の数々。

実はすでにHDR版の政策が可能だということも分かっているとのこと。

これから先、HDRの映像が身近になる日がやってくるかもしれません。

 

 

 

4K HDR対応モニターってどんなものがあるの?

「4K HDR対応」もうこれだけで十分ハイスペックなのはわかります。

そんなモニターで有名どころはどこなのか、探してみました。

 

一般的に薄型が人気

やはり、スマホもテレビも薄型が人気。

今までのあの分厚さは何だったの?というほど薄いテレビが登場してますね。

オシャレなインテリアにもテレビの薄さは欠かせません。

何だったら薄くないのなら置きたくないくらい。

それくらいの圧迫感を出しますね。

だからこそこの薄型が好まれるのは納得ですね。

 

 

気になる売上ランキング

2016年12月現在の売り上げランキングを見てみると・・・。

東芝のREGZAがかなり売れているといった印象です。

画面の大きさは1位が55インチ。

大体55インチ前後がよく出ているようですね。

その次に目に入るのがシャープ、パナソニックの2社。

しかし、東芝のちょっとした隙間を埋めるだけで、そのほかほとんど東芝というランキングです。

 

4KのしかもHDR対応となると、東芝が圧倒的に強い!という印象を持ちました。

ランキングも下の方に移っていくと、SONYやLGエレトニクスという文字が。

 

昔は家電市品と言えばSONYと思った時代もありましたが、この分野においてはランキングの上から下まで東芝が幅を占めています。

 

 

ランキングで多い価格帯は?

次に気になるのが価格帯。

もうランキングのほとんどが東芝になっているというあたり、東芝の価格がそのまま反映されるといっても過言ではないでしょう。

1位の東芝レグザ55インチは149800円(2016年23月現在)。

おおよそ15万円といったところです。

2位も1位よりは少し安いですが、同じ15万円程度。

 

その他を見ていると、18万円だったり8万円だったりと、さまざま。

なんせ画面の大きさも違えば、新しいものもちょっと前の物も一緒にランキングされているので、価格と順位は比例しません。

 

とはいえ、大体の相場というものが見えてきます。

ランキングで見るあたり、多くの人が55インチで15万程度なら買い!と思っていることが見て取れます。

 

こうなってくると、DMMのディスプレイの安さがよくわかる。

レグザの良さに惹かれた人にはこの価格で納得、というところもあるでしょう。

 

ただ、ゲームをするために4Kを使いたい。

 

こう思う人が購入するには高い買い物のようです。


4kテレビとは?

そもそも4kテレビとはどういったものを指すのでしょう?

ここで簡単にご説明します。

 

ここ数年のうちにテレビはいくつかの段階を経て映像の美しさを極めてきました。

ハイビジョンからフルハイビジョン、フルハイビジョンから今回の4Kといった具合です。

 

テレビ画面は大きくなればなるほど、一画素の面積が広くなります。

それが「画像が粗い」と言われる所以です。

 

この4Kテレビは、画素数がフルハイビジョンの4倍。

そのため、大画面にしても画像が粗くなることはないのです。

 

どんどん大画面が好まれる時代となってきました。

「今この大画面を手にするのであれば、4K一択!」という訳なんです。

 

4Kテレビはどこで買える?

では、4Kテレビはどこで買えるか?

気になるところですね。

 

もちろん一般的なのは、近所の大型家電店です。

ヤマダ電機やエディオン、コジマ、ビッグカメラ、ヨドバシカメラ・・・などなど。

これだけ並べてもたくさんありますね。

 

しかし、価格だけを見るとお得に買えるのはネットかもしれません。

 

近頃一般的になってきたアマゾン、楽天、yahooショッピング。

4Kというものが他の機器にも使われているため、実際のお店だけでなくネットでも取り扱われるようになってきました。

中でも注目したいのがDMM。

こちらはもともとはゲーム会社です。

近頃は特に刀剣乱舞やグランブルーファンタジーなどでも話題を集めています。

そんなゲーム会社がなぜ4Kに参入するのか。




恐らくゲームも大画面で楽しむ時代となっているからにほかなりません。

そのくらい4Kというものが身近になってきたということでもありますよね。

 

画質を追求すると、用途が広がった。

そんなところでしょうか?

特に一人暮らしが多くなり、独身の男女も増えました。

自分の趣味にお金を使える人が増えたということでもあるかもしれません。

テレビの画質の粗さに目が行ってしまう。

そのくらい目が肥えた人であれば、特にお買い得の商品だと思います。

テレビや映画、しかもゲームまで。

最高の画質で楽しめる環境が整いそうです。

 

 

4Kテレビの種類

4Kテレビが人気のようですが、その中でもサイズはどのあたりが人気なのでしょうか?

ちなみにDMMが出しているのは50型と65型。

この二つだけ見ても差は大きいと感じます。

でもこの2種に絞ったところを見ると、ここらあたりが人気の大きさと言えるのではないかと思いました。

 

某価格ドットコム(笑)の情報によりますと、2016年12月現在のランキングでは、

1位:55インチ

2位:58インチ

4位:60インチ

7位:55インチ

8位:43インチ

10位:40インチ

11位:55インチ

12位:50インチ

13位:50インチ

14位:43インチ

とまぁ、こんな具合で50インチ代が一番多かった印象です。

ちなみに一般的な自宅のテレビの大きさは42型程度。

一昔前のテレビであることの方が多いですが、一つの目安になるのではないでしょうか?

 

リビングの広さにも関係

こればかりは、各家庭によって違いますよね。

みなさんの間取りもバラバラ。

ここで大きく変わるところもあります。

40インチ代を購入された方は、現実的だなぁと感じます。

しかし、今までよりもっといいものが欲しい!

そう思って4Kを手にする人も多いのではないかと思います。

そういう方にとっては、今までのテレビと変わらないおおきさなんていや!

そう思うものでしょうね。

 

見るものにも関係

あとは見る映像にも関係してきますね。

日々のバラエティ番組は大画面でなくても良い。

でも映画やライブ放送を見たいときは大画面が良い。

そう思います。

 

たとえライブに行けなくても、この大画面のおかげで空気感を一瞬でまとうことができる気がしますね。

そうなると。

やはり40インチでは短すぎるような気もしてきます。

 

 

ひとまず分かったことは、この大きさが妥当ではないかということ。

これを機に見るときの姿勢や、映像もしっかりと気を付けるとより楽しめそうですね。

 

 

 

4Kテレビの30型アクオスならどのくらい?

4Kテレビと一口に言ってもその種類はさまざま。

メーカーも違えば特色も違う。

大きさも違えば外寸も違う。

という訳で、今回はアクオスの30型について調べてみました。

 

AQUOS 4K

アクオスのメーカーはシャープ。

このアクオスの4Kは、「4Kを超える解像度」と謳われています。

それを公式HPでは、

X8-Master Engine PRO

と表現しています。

 

これは、4Kの映像(もしくはフルハイビジョン放送)などの解像度を8Kに変える回路がついているのだそう。

4Kの液晶パネルだけでも十分きれいなのですが、それよりもより一層きめ細かい映像を映し出すために上下を二分割にして色を組み合わせるという方法を撮っているとのこと。

 

こうすることで、フルHDパネルに対して16倍もの高精細な映像を作ることに成功しました。

 

 

8Kにすることで

どんな映像になるかというと、輝度が上がるという表現をしています。

4Kよりも輝度が高い。

それはすなわち臨場感がより一層増したということになります。
4K ディスプレイ